友人のこと

限りなく黒に近い@後編

黒木 瞳さん相変わらずお色直し多いですね。

こんばんわ。栞です。






昨日無駄に引っ張ってしまったので、ちゃちゃっと書きますね

読んでない方は限りなく黒に近い・・・ ←こちらからどうぞ。



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜


退院当日のことはダンナさんから聞いたんだけど、

看護婦さんが赤ちゃん連れてきてくれたとき



「○○さ~ん、お子さんB型です~。」



工工工エエエェェェェ((゜Д゜;;)))!!




その時彼女は・・・





















大号泣。


(なんで?なんで泣く?)




そのダンナさんて、訳あって施設みたいなとこで育ったんです。

だから



「もしかしたら俺の血液型が違ってるかもしれない・・・」


(んまぁ!!なんてお人よしなんでしょ!!)


嫁、まだ号泣中。



「じゃ、じゃあ一応、ご主人と奥さん二人とも調べてみましょうか・・・」




したらね・・・






















嫁B型と判明。

Σ( ̄ロ ̄lll)




20年間SもSのお母さんもO型だと思ってたんだって。

なんて人騒がせな!!







でもさ、でもさ、同じ女として誰の子って・・・よっぽどのことがない限りわかると思うんすよ。


違いますかね?






それなのに泣いちゃうってさぁ~あ~


なんかぁ~怪しくなぁ~い?



私の場合だったら、私O型、ダンナA型なんで、OかAしか産まれないわけよ


それで「お子さんB型です」って言われたら


病院が間違ってる!!調べ直して!!ってハッキリ言えるもん。


だって身に覚えがあるもの・・・きゃっ(/ー\*)




Sの場合確かにO型にしては何か同じニオイを感じないなぁ~って高校の時から思ってたの。


O型って聞いただけで、「この人と合う!仲良くなれる!」

って無条件で思うんだけど、Sは違ってた・・・


何で仲良く出来ないんだろう・・・ってずっと感じてた。




そしたら違ってたし。




血液型うんぬんよりも、Sの人としての悪い所が際立ってたから仲良くなれなかったんだと思うのよ。

だってB型の友達いっぱいいるもの(*^-^)


その後Sは女の子を2人産んで今は3姉妹なんですけどね・・・




長女はSにソックリで可愛いの。


二女、三女・・・ダンナ似・・・う~ん・・・・



ってことでね、




未だに長女はYの子じゃないだろうって同級生たち100%思ってます


Yが「長女だけ俺に似てないんだよねー。」



・・・・ねー。il||li(*'I')il||li ショボン ...




たいしたオチもなく2日に持ち越してゴメンネ~

でもさ、やっぱさ、真相は女にしかわからないのよね~

にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ世の男性諸君

押してねご利用は計画的に






| | コメント (2) | トラックバック (0)

限りなく黒に近い・・・

今日、高校の時のクラスメートに会いました。

買い物してたら偶然ね。







彼女()のダンナ()も同級生で、どっちかっつうと、ダンナさんとの方が仲良かったんですよ。




元ダンナも同級生ですので、4人同じクラスだったんですね~。




離婚してから全く会ってなかったので、お互い



(ゲッ!!)って感じ。














だって友達じゃないも~ん。





カテゴリーは「友人のこと」に入れちゃったけど、ダンナさんが友人だからも入れてあげたわ。



S達も私達の1年後にデキ婚したんだけど、





当時二人は別れてる状態だったから、私の友達もダンナさん側の友達もみんながみんな











「ホントにYの子~?」って・・・・




でも、そう言われても仕方ない子だったのよ。




両親ともO型だと、O型しか産まれないってのは保健体育で習ったような気がするわね。





Sが私に「子供の血液型っていつ教えてくれるの?」と。



同じ産院だったので聞いてきたのね



なぁ~んで、そんなこと気にするのぉ~~~~

って思わない!?  思うよねぇ~~~~

「退院する時教えてくれたよ。」


「そっか~・・・AとかB産まれたりして~アハハ~」

「ア、アハハ・・・」






さぁ、みなさん気になって来たでしょ?




いや~ん  でも明日に引っ張っちゃう~




だって飲みたくなってきたんだも~んbeer



また明日21:00~22:00頃に・・・



(予定は未定  でも更新はするわ♪)


にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへはたして!赤ちゃんの血液型は

押してね何だったのかーーー!!!


↑↑↑↑↑↑見事なまでの転落っぷりです(/□≦、)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

危険な照明

加山さんのパチンコが気になる栞です。こんばんわ。

でもパチンコはやりませんの。

加山さんの記事は→念願のあの場所へ・・・









昨日は友人Kちゃんの誕生日でした。おめでとう。


Kちゃんとは高2からの付き合いで、かれこれ5年くらい?









ごめんなさい19年ですil||li _| ̄|○ il||li





んでね、Kちゃん家に友人5人で集まってた時に素敵な照明を買ったって言って出してきて、ちょっとムーディーな薄暗い雰囲気にしたんです女5人で






そんな中で飲んで食ってそのうちKちゃん


「この干しいも美味しいんだわ、食べてみて!」



私はそのとき干しいもの気分じゃなかったんで「後で食べる」って飲み専門だったの。



ギャンギャン騒いでたら友人 I ちゃん







「ねぇ、ちょっと明るくしてくれない?」





なんだろ??




flair








「やっぱり!!この干しいもカビ生えてるじゃん!!」







Σ( ̄ロ ̄lll)




食べなくてよかった―――。




照明の暗さでカビが見えなかったのね・・・



にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ食べた人たち平気でした。

押してねアルコール消毒かな?





| | コメント (4) | トラックバック (0)

怒鳴らないでほしい・・・

先日お祭りに行った時に、友人夫婦が喧嘩を始めました。

いつものことなんで別にいいんですけどね、今回はです。

しかも祭りの最中、人込みの中。



喧嘩の内容は子供のこととか些細な事なんだけど、ダンナさんが途中大きな声で




「何だお前のその態度は!!」


って怒鳴ったの--。

私、男の人の怒鳴り声って慣れてなくて・・・







バカみたい( ゚д゚)ポカーン



って思ってドン引きしちゃうんです。

そん時も



え―――――。

ここで大声出しちゃう――――――?

マジでぇ―――――――――――?

みんな見てるし――――――――。

恥ずかしくないの―――――――?





って一気に酔いが醒めましたε-( ̄ヘ ̄)┌


お互い悪いとこがあったからそれは指摘しといたけど

楽しい気分がちょっと台無しになった瞬間だったわ。


子供の前でも喧嘩しちゃうんだろうな・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ夫婦喧嘩は

押してね栞も喰わない


↑↑↑↑↑↑押してくださ~いヾ(´ε`*)ゝ

↓↓↓↓↓↓コメくださ~いモジモジ(。_。*)))





| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wii大会~♪

先日、友人宅でWii大会をやりました。

友人Tちゃんはゲーム全般持ってなくて、子供の頃にファミコンもやったことない子なんです。

そんな子がWiiに挑戦!




これは何かありそう( ̄ー+ ̄)

Wiiスポーツのテニスで対戦です!!




中学時代テニス部だったTちゃん I ちゃんのガチンコ対決!

熱い戦いです!!


相手を揺さぶりますが、お互い譲らず!!

これはいい試合だ!!


その場にいたみんなが熱くなってきました!!


I ちゃんのスマッシュtennis!!

Tちゃん拾えるか!?





Σ(゚□゚(゚□゚*)!!Σ(゚□゚(゚□゚*)!!



その時私たちが見たものは・・・











Tちゃん宙に浮く!!!


マジで飛んだよ。


若島津くんもビックリの横っ飛びでした。


本人もどうなったか解らないぐらいの飛び方で、一瞬みんなシーン。となりましたが、すぐに大爆笑!!





Wii大会大成功




後日・・・

右側にアザが数ヶ所できたらしいです。

右から落ちたんだね(*≧m≦*)

本人曰く・・・




「リモコンにカバー付けるんじゃなくて、私自身にカバー付けた方がいいよね。」





「うん。」
 全員一致。

にほんブログ村 OL日記ブログ 派遣OLへ人が飛ぶ所を

押してね初めてみました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵物語・4

探偵物語・1  探偵物語・2  探偵物語・3  

↑↑↑↑こちらからどうぞ





私の中でSさんが離婚してない方に10,000点でした。

I ちゃんはまだ信じていました・・・


それから1ヶ月間ぐらい I ちゃんはSさんに会うたびに本当は離婚してないんじゃないの?と問いただしていたそうです。

Sさんは離婚してる。と言ってました。

それだけ言い張るなら本当なのかなぁって私も思い始めてた頃・・・


友人Kちゃんから電話があり

「あのさ・・・Sさんて離婚したって言ってたよねぇ?  会社の人がSさんの近所らしくて何気なく離婚のこと聞いてみたらその人『え~~??離婚なんてしてないよ~。この前も運動会みんなで来てたし。  何??離婚してるって噂でもあるの!?』って言ってたよ。I ちゃん騙されてるね。」

やっぱり・・・・


どうしよう・・・言うべきか言わざるべきか・・・


悩んで数日が過ぎた頃、 I ちゃんから連絡が


「やっぱり離婚してなかった・・・」



(とうとう吐いたか!!アイツ!!!)

「もう本当のこと言って!!って何回も言ったら
ゴメンって・・・この9年何だったんだろう・・・でももうSちゃん以外の人好きになることなんてできないよ・・・」

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



それから1年が過ぎた頃、I ちゃんのことをもの凄く気に入ってる男性が現れました!K君と言います。

でも I ちゃんは

「全然好きになれないSちゃんじゃなきゃイヤ!」と言っていましたが、家の都合で I ちゃん一人暮らしをしなきゃいけなくなったんです。

「あんまりお金ないからKと一緒に住んでみる。でも付き合ってはないよ!!」



!!!!!!??????



K君勘違いしそう・・・


同居生活が進み何度か遊びに行きましたが、やっぱりSさんといる時と態度が全然違い、凄く冷たい言い方したり、K君に対して「お前」呼ばわりでした。

同居を1年ぐらいした頃 I ちゃんに

「K君と結婚しちゃえば?」って笑いながら言ってみたら


「う~~~~ん・・・タイプじゃないんだよね~でも、まぁいっか!結婚してあ~げよっ♪」





あれっ!?


もしかして決めちゃった??



余計なこと言ったかも(^^;




それから話は進み4ヶ月後に盛大で素敵な式を挙げました☆

式のときにいろいろ曲をかけますよね、後で話を聞くと彼女が選んだ曲は全部Sさんとの思い出の曲だったそうです。




Sさんとその後???

どう思います?

結婚したんだからもう切れたでしょ~って?




切れてませんでした・・orz



Sさんはもちろん今でも離婚なんてしてません。する必要もないですからね。

しかも今は26歳の彼女がいるそうです。

I ちゃんと不倫してる時も他に女がいたみたいです。

I ちゃんは結婚してもまだSさんのこと忘れることはできなくて、携帯の番号もアドレスもそのままの状態でSさんからいつか連絡くるかも・・・って期待をして、誕生日にメールがなかったら私からはもう絶対に連絡しない!!と賭けをしました。



おめでとうメール来ちゃったんですね~

でも I ちゃんと奥さん誕生日が一緒なんですって!!

運命ですかね(^^;



可愛い子供も産まれたことだし自覚をもちなさいよ!とは言ってるんですけどね・・・

聞くような彼女じゃないんで・・・


見守っていくしかありません。

                                 

Banner2_10 浮気はダメですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

探偵物語・3

探偵物語・1  探偵物語・2  こちらからどうぞ

「はっ!?お、奥さんの車!?  たまたま来ただけとか?」

「わからん!!何で停まってるんだろう・・・」




(もしかして離婚してない・・・???)



「まさか離婚してないってことはないよね!?」


「・・・う~ん・・・何とも言えない。正直に言うと・・・ベランダに子供の服干してあった。子供は奥さん引き取ったって言ってたよね?体操服あったから、ここに住んでるのは間違いないと思う。」


「マジでぇ!?   今日聞いてみる。」




洗濯物とか確認しちゃって私は一体なにをやってんだか・・・orz



次の日 I ちゃん家に来て報告してくれました。


「奥さんとは離婚したけど、子供が精神的に参っちゃって、しばらくは一緒に住むことになったらしいの、でも住所は他に移してあって、そっちでの生活もしてるんだって。」




ふ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん



怪しいぃ~~~(-。-)





ってことで、私から善からぬ提案♪


「戸籍謄本とってきてもらえば?」



「そっか!!そうする!!  それとさ、奥さんが住んでる家って親の名義になってるらしいの、ちょっと調べたいことあるから図書館行ってくれない?」




行きましたよ図書館・・・


何を借りるのかって?


地図ですよ地図。


奥さんの実家は I ちゃん知ってたらしくて、まずそこを探しました。

全国的な地図じゃなくて、地域用の地図だと世帯主の名前がありますよね、それで親の名前を確認して、それから今住んでいるらしい家を探しました。だいたいの場所は聞いてたらしいんですよ。市内の大きい病院の近くってことらしくて、病院の周りで同じ名前探しました。




ありましたよ!!



そしてそこに向かいましたよ!!



家ありましたよ!!


車を近くに停めて降りて家の周りウロウロしました。

確かに子供用の車とか砂遊びセットみたいなの外にあったんですけど、どう見てももう何年も使われてない感じなんです。

家の雰囲気も外から見ても人が住んでるか住んでないか何となくわかるじゃないですか、住んでる様子じゃないんです・・・

裏の方に回り確信が持てました・・・




ここに人は住んでいません。



だってプロパンガス繋げる筈の所にプロパンがないです!

電気のメーターも動いてません。



「住んでないね・・・。」


「・・・うん・・・。」


I ちゃん泣きたかったと思うんです。でも涙は見せませんでした


「とりあえず戸籍の話と、この家のこと言う。





騙されてたのかなぁ・・・・・」



まだSさんのこと信じてるの!?

って言ってやりたいんですけど、そう言うと反発して燃え上がっちゃうので、

「これからのこと決めるのは I ちゃんだから私は何も言わないよ。納得するまでやりたいようにやればいいと思う。冷たいかもしれないけど、もう別れな!って言っても別れないよね?だから言わない。自分で決めるしかないよ。」


「解った。今日会ってくる。   でもさ、離婚してない時は夜の電話とかできなかったけど、今は何時でも平気だし、日曜日とかも遊んでるし、きっと大丈夫だよね!」


・・・そうかなぁ??

何日か過ぎ I ちゃんから連絡があり、戸籍謄本見せてもらったそうです。


「奥さんの名前無かった~。あの家は離婚してすぐに住んでたんだけど、子供がおかしくなっちゃったから学校も戻して一緒に暮らすようにしたんだって。夜とか電話できたのも奥さんとは部屋も別々で本当にもう関係ないからいつでもOKだったんだって~」




・・・なんか納得いかないなぁ・・・


「戸籍謄本明るい所で見た?」


「ううん。車の中で見た。」


「それ I ちゃんが持って帰ってきた?」


「ううん・・・Sちゃんが持って帰った・・・。」






怪しいんですけど!!!!



「本物かどうかわかんないじゃん!!」


「ぇえ~~~偽物なんて作れないでしょ~~~」


「そんなのわかんないよ!!ただの紙だもん。しかも普段滅多に見ないものだから本物か偽物かわかんないじゃん!

じゃあ私の戸籍取ってくるからそれ見てみな。」




そして私は必要の無い戸籍を取りに役所へ・・・

I ちゃんに私の戸籍を見せました。


「全然違うかも・・・」


Sとは違う市なので、違うかもしれません。

でも市長の印鑑なのか、最後に印を押してあったんですけど、そこは印刷じゃなく本当の印でした。

「こうやって印鑑押してあった?」


「あったような気がするけど、朱肉の赤い色は無かった。全部黒だった。」


「ん~~~~でも同じ市じゃないと、違うかもしれないしね。もう一度見せてもらえば?」


そう言うとSさんに電話しました。


「ねぇ、あの戸籍謄本もう一回見せて。


・・・・・・は!?なんで!?ありえないし!!!!!!!もう一回取ってきて!!」



Sさんはもう捨てたと言ったそうです。












・・・・・・嘘だな!!!



Banner2_10 これは偽造ボタンじゃないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵物語・2

偵物語・1

車が無いことに気付いた私達は、すぐさま会社に向かいました。


すると!!!



さっき来た時は真っ暗だったのに、しっかり明かりが灯ってるじゃありませんか・・・


明らかにおかしい

近くのコンビニに車を停め、二人は言い合いを始めました。

私にも聞こえるように受話音量をMAXにしてくれて耳元に近づいてくれました。

他から見たら頭くっつけて怪しい二人です・・・



「アンタ前乗ってたセ○シオどうした?」

「はぁ!?  もう乗ってないの I も知ってるじゃん!!」


「さっき見かけたんだけど!」


「そんなん知らんし!!

・・・・・・っつうか、お前今何処にいるだぁ!?」




「・・・・・!!」
   「・・・・・!!」




家に送ったハズなのに、さっき見かけたなんて言っちゃったし!

仕方がないのでOKサインを出しました。


「アンタが怪しかったもんで栞ちゃんに来てもらったの!!」


「はぁ!?    お前らヒマだな!!」



あはっ(>。<) 確かに・・・


「さっき会社に行ったら誰もいなかったよ!!」


「はぁ~? いたけど!!」


「いませんでした!!!!!」


「じゃあ今から来てみりゃいいじゃねぇか!!!!!」



まさか本当に行ったとは思ってなかったんでしょうね・・・


「今会社のとこのコンビニにいるから来て!!」


「何だって!? マジでそこにいるのか!?」


「そうだよ!!栞ちゃんには帰ってもらうからすぐに来てよ!!」





ぇえ~~~~~~~~~~~~!!!


ここで帰るの~って思った私は腹黒いです・・・はい

Sさんに会いたくなかったので、急いで I ちゃんには車から降りてもらいました。


「ホントごめんよ~明日 家 行くね!!」


駐車場のスミに移動しSさんが来るのを確認して帰ってきました。

来なかった場合 I ちゃん帰る術がないですからね・・・




そして翌日・・・

I ちゃん来ました。あの後どうなったのか・・・
  ・セ○シオはもう乗ってない

  ・ I ちゃんを送ったあと途中にある事務所に寄ったから私達が   最初行った時はまだ着いてなかった。

  ・浮気はしてない


「でもさ、Hさん(弟)に電話してすぐSちゃんから電話来たのっておかしいよね!?明らかにHさんから連絡行って私から電話あったって教えたからヤバイと思って電話してきた感じ!!」

ん~~~そんな気もするけど・・・・

I ちゃんは車のことがどうしても気になるらしく、うだうだ言ってるから

「じゃあ今から自宅行ってみる?会社には社用車で行ってるから昼間なら自宅に停めてあるかもしれないし。」


「そうだよね!!   でもまだ仕事残ってるんだよね・・・」


私その当事無職だったんで

「・・・私見てこようか・・・?」


「頼んでもいい!?」


イヤだけど乗りかかった船ってことで・・・

好奇心も半分あったと思います・・・




行ってきました。



自宅には前にも見たことがあるステッ○ワゴンと、ポ○がありました。

なぁ~んだ! やっぱりセ○シオ無いじゃん!

安堵の気持ちで I ちゃんにメールを送りました。

『セ○シオなかったよ~(^O^) いつものステッ○ワゴンと赤のポ○が停まってた~』


私は安堵の気持ちだったんですよ。本当に・・・

I ちゃんから電話が

「ねぇ、赤のポ○ってナンバー3桁だった?」


「???どうかなぁ?ナンバーまでは見なかったけど、まだ近くだから見てくる?」

「うん・・・。ごめんよ・・・。」

心なしか元気が無い・・・???

ナンバーを見に戻ると I ちゃんの言う通り3桁でした。


「3桁だけど・・・?」



















「それ
奥さんの車」
















え~~~(((゜д゜;)))





Banner2_10 ヒマ人でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵物語・1

先日友人のIちゃんが男の子を出産しました。

彼女はずっとどうにもならない恋愛をしてきたんです。



はい不倫でした。

周りがどんなに反対しても受け入れず・・・

恋愛してる時って周りの声ってきこえないんですよね。

そんな二人の出会いは彼女が20歳の時。

27歳の時に相手の離婚が成立したと聞きました。

正直、不幸のうえに成り立つ幸せなんてないと思っています。

幸せの感じ方は人それぞれですから何も言いませんでしたけどね。




それから2年ぐらいしたある夜のこと、彼女から電話が

「今Sちゃんに送ってもらって家着いたんだけど、会社に戻るって言ってたけど、何か変なんだよね・・・栞ちゃん今から来れる?」


車とばして行きましたよ。


「ホントに会社にいるのか確かめたい!」

Sさんは家族経営なので、夜まで仕事もしたりはするそうなんですが・・・とりあえず行ってみました。


電気付いてないし・・・・・・・






次は何処に行くのかと聞いたら、ラブホテルでした(^^;



駐車場に着くと、



「この車Sちゃんが前に乗ってた車!!!」

そこから彼女の電話攻撃が始まりました。

切ってはかけ、切ってはかけ、不在着信すごいことになったと思います。

なんとIちゃん弟さんにまでかけました!!!


「Sちゃんて今なんの車乗ってる?」

弟さんが答えたのはホテルにあるのとは違う車で私も見たことがある車です。

ホテルを出て帰ろうと車を走らせ2、3分たった頃Sさんから着信が!!!



「アンタ今何処にいるよ!!!!!」

「会社だよ、戻るって言ったじゃん。」

「何で電話出なかったの!!!!!」

「トイレとか行ってて気付かなかっただよ。」

この時Iちゃんのジェスチャーにより私は車をUターンさせ、ホテルに戻りました。









車が無くなってる!!!!













Banner2_10 続きは明日・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由だ~

Sさんとの関わり参照・1  参照・2  参照・3 これだけで終わりませんでした。

その日は7時くらいにKちゃん家に行くつもりでいました。

怪しい勧誘まがいの人の家から帰宅中、Sさんが

「今日さぁ、ダンナが飲み会で送って行かなきゃいけないから、ちょっと遅れる~」


ふぅん



「お刺身○○って店に頼んであるから栞ちゃん取りに行って来てくれない?私子供達を今から保育園に迎えに行くと○○に行く時間ないんだよね。」


「そんな店知らんもん!」

「解る解る大丈夫だって!」

「それでさ、ダンナ送って一回自宅帰るから、そしたら家まで迎えに来てくれない?」

「は?じゃぁ、それまで飲めないってこと?」

「いいじゃんそれくら~い。」



い・や・だ!!!!!

いやだとはいいませんでしたけどね、Sさん家はKちゃん家から徒歩5分なんですよ。

歩いて来ればいいじゃん・・・

このこともKちゃんに電話したとき言ったら

「歩いて来ればいいじゃん!」

同じこと思ってくれました。

でもどしゃ振りで子供達歩かせるのはかわいそうだったから迎えに行くこと了解しましたけど、帰りはどうするのか聞いたんです。  私は泊まるつもりでしたから。

「帰りはEちゃんに乗せてってもらう~たぶん飲まないよね」

飲むかもしれないじゃん・・・


Sさんのあつかましさには脱帽でした。

さて、お刺身ですが取りに行きましたよ!

自宅から30分の所でした(-_-)

そこからKちゃん家まで30分。

本来なら自宅からKちゃん家まで20分・・・

3倍時間かかってる!!!

迎えも行きましたよ!

Kちゃんには「飲めばいいよ!自分で車で来いっつうの!」

って言われましたけどね、子供のことだけを思って行って来ました

飲み会は楽しかったですよ。

Sさんの自由っぷりは誰に対しても同じでした。

でも次の日になると

「何にも覚えてな~い」ってメール来ます・・・


ちょっと距離置きますか・・・?

Banner2_10 クリックしてくれな~い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧